業績開示資料関連 — 金融・法務分野

翻訳分野

近年、上場企業における外国人株主比率が高まっていることから、多くの企業が英文での情報開示の必要性を認識し始めています。特に機関投資家の場合は取引のボリュームが大きく株価にも影響しやすいため、英語での適切な情報開示が求められています。四半期ごとに発生する決算短信や説明会資料、定時・臨時株主総会招集通知、アニュアルレポートやCSR報告書など、さまざまな形での外国語による開示が加速しています。

取り扱い文書

決算短信 決算説明会資料 プレスリリース 株主総会招集通知
有価証券報告書 株主通信 アニュアルレポート CSRレポート

特徴

企業の業績開示においては、まずは正確性が求められますが、決算発表の時期が徐々に早まる傾向にあることに呼応して、開示速度に対する要求も高まってきています。正確性については、財務数値から過年度までの表現の踏襲に至るまで、広く留意点が存在します。翻訳センターでは、より正確かつ効率的な作業を行うために、過年度案件との差分から翻訳者の手配、編集、チェックなど工程全体において培ったノウハウを活用しています。また、業界最大規模という優位性を活かし、翻訳者の確保と万全のチェック体制で安定した品質の翻訳を提供しています。

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ