コーポレート、その他 — 金融・法務分野

翻訳分野

近年、企業の海外進出が活発化しており、グローバル化を背景に様々な文書の翻訳需要が高まっています。現地調査書類に始まり、定款や登記簿謄本、海外における現地従業員の雇用に伴う就業規則などの人事・労務関連文書や教育・研修資料、法規制に係る書類、内部監査報告書など、経営上のあらゆる局面における文書の翻訳需要があります。

取り扱い文書

定款 登記簿謄本 人事・労務関係規程
コンプライアンス関係規程 事業継続計画(BCP) 議事録
内部統制資料 内部監査報告書 社内報

特徴

翻訳センターでは、1998年から金融・法務分野に特化した部門を設置し、業績開示資料の翻訳を手掛けてきたことで、契約書やコンプライアンス、内部統制関係など、企業の管理部門で必要とされる文書の翻訳ノウハウを蓄積してきました。
近年では、このような「コーポレート関連文書」にも注力しており、企業の管理部門とのお取引を拡大しています。長年の経験と実績により安定した品質を確保する体制を整え、企業の皆様のグローバル化を支えています。

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ