その他 — 特許分野

翻訳分野

特許分野において、出願関連に次いで多い案件が特許公報の英訳と和訳です。特許事務所などが海外のお客様に対して必要な技術情報を提供するために、すでに公開されている特許公報を英訳するケースが多く見受けられます。全体ではなく部分訳の依頼が多く、年間を通じてご依頼をいただいています。また、海外で公開された特許公報の和訳のご要望もあります。

取り扱い文書

特許公報・研究論文等の
技術資料
秘密保持・ライセンス・
譲渡等に関する契約書
鑑定書 その他

特徴

特許公報の翻訳は、英訳の場合は類似技術がすでに出願されているかの調査用として、和訳の場合はIDSや引用文献用としてご依頼いただいています。部分訳のご依頼が多いので、翻訳センターでは前後の文章をよく理解しながら、分かりやすい翻訳の作成を心掛けています。

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ