中国語

翻訳言語

概要

中国

中国語はシナ・チベット語族のシナ語派に属します。中国語を公用語としている国・地域は中国本土、香港、マカオ、台湾、シンガポールです。現在では12億人以上が中国語を母語として使用しており、世界で最も使用されている言語と言われています。とは言え、中国語の中でも北京語、広東語 上海語、 閩南(びんなん)語など多数の言語が存在します。 特に北京語は中国で標準語として扱われており、テレビや新聞で使われる大半は北京語です。それぞれの言語には大きな違いがあり、例えば、北京語には声調(四声)が4つありますが、広東語には9つの声調があります。また、中国本土やシンガポールでは主に簡体字が、香港、台湾、マカオでは主に繁体字が使用されています。

特徴

中国に進出している日本企業からの翻訳需要が多く、特に自動車関連など工業分野の割合が高まっています。企画書、契約書、現地従業員向けの教育資料、工場の設立や運用に伴う資料などの翻訳案件が多いのが特徴で、近年は生産拠点としてだけではなく消費市場としての魅力も高まっていることからB to C関連の案件も増えています。弊社においても中国語は英語の次に需要が多く、社内で中国人スタッフを配置して校正・チェック体制の充実を図っています。

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ