インドネシア語

翻訳言語

概要

インドネシア

インドネシア語はオーストロネシア語族に属し、インドネシアには約200の言語が存在します。このため、母語としての話者は2,000万から3,000万人と推定されていますが、第二言語として使用している人々を含めると1億4,000万人を超えると言われています。国語・公用語であるインドネシア語は全国で通じますが、地方に行くと聞き取れないことが度々発生します。2002年に独立した東ティモール共和国では、ポルトガル語の他に、インドネシア語が実用語として定められています。

特徴

日本企業のインドネシアへの進出が加速していることから、インドネシア語の需要も高まっています。主なお客様は日本企業で、就業規則などの社内資料や製品仕様書などの案件が増えています。
こうした需要を反映して、弊社は、英語をはじめ各言語の翻訳の品質を高めるために、基幹業務統合システム「SOLA」を導入し、ご依頼条件に最も適した翻訳者を選定しています。また、現地ベンダーとのネットワーク強化に努めています。

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ