米国CAFC前主席判事および特許弁護士による講演会のご案内

特許、医薬、工業、金融・法務の4分野の専門性を追求。これらの翻訳分野に加えてローカライゼーションの専門分野も

お知らせ

公開日:2017年3月01日

 

拝啓 時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。
このたび、CAFC前主席判事 Randall Rader氏をお迎えし、米国特許法に関する講演会を開催いたします。
ご多忙な時期かと存じますが、お繰り合わせの上、ぜひご参加下さいますようお願い申し上げます。敬具

 

 

<記>

講師/テーマ ■CAFC前主席判事 Randall Rader氏:
「101条特許適格性主題の大改正、最高裁Alice判決等を破棄し、特許事由を大幅に拡大」

■服部 健一 先生 (WHDA法律事務所筆頭パートナー):
「米国憲法から見た知的財産等の特殊性、異なる三権分立から知財制度も異なる」

■スコット・ダニエルズ 先生 (WHDA法律事務所シニアパートナー)::
「米国無効特許手続きと現状、IPRは抜本的に改正されるか」
日時 平成29 年4 月21 日(金)
13:30~16:30(13:10 より受付開始)
場所 TKP 赤坂駅カンファレンスセンター ホール13C
〒107-0052 東京都港区赤坂2 丁目14-27 国際新赤坂ビル 東館13 階
(東京メトロ千代田線 赤坂駅5a 出口直結1 分)
参加費 無料
・ご出席は1 社につき3 名までとさせていただきます。
・先着100 名の講演会となります。
主催 株式会社 外国出願支援サービス
株式会社 翻訳センター

 

 

<講師紹介>

 

講師:CAFC前主席判事 Randall Rader氏

<経歴>
1990 年にジョージH.W.ブッシュ大統領によって、CAFC(連邦巡回控訴裁判所) 判事に任命。2010 年6 月1 日にはCAFC チーフ判事に就任。 2014 年6 月30 日に法廷から引退。
現在:ジョージワシントン大学ロースクー ル准教授。Rader グループ・プリンシパル

 

講師:服部 健一 先生

<経歴>
WHDA 法律事務所の筆頭パートナー。
日本、米国において特許手続き業務全般に長年の経験を有する。日本人弁理士で初めて米国の特許弁護士資格を取得。東京都市大学および東京医科歯科大学にて客員教授も務める。

 

講師:スコット・ダニエルズ 先生

<経歴>
WHDA 法律事務所のシニアパートナー。
WHDA 所内で訴訟グループを率いる。
現在、米国知的財産所有権協会、材料研究学会、米国化学学会、米国チェス連盟、P.G.ウッドハウス協会など、多数の組織メンバーである。

 

お申込み受付:
申込書」にご記入の上、FAX:06-6282-5027または e-mail: seminar@honyakuctr.co.jp(担当:加藤宛)にご回答下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、定員となり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

 

■セミナーの詳細はこちらよりダウンロードしてください。

■申込書はこちらよりダウンロードしてください。

お知らせ一覧に戻る

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ