情報セキュリティ基本方針

翻訳センター(以下「会社」)は、「産業技術翻訳を通して、国内・外資企業の国際活動をサポートし、 国際的な経済・文化交流に貢献する企業を目指す」ことを企業理念とし、お客様の視点に立った翻訳およびその他関連サービスを提供しています。

お客様に安心してサービスをご利用いただくには、お客様との高い信頼関係を構築し継続していくことが重要です。 そのためには、サービスを通して知り得たお客様の情報および会社が保有する情報資産を、厳格に管理し、様々な脅威から 保護することが必要です。

私たちは、ここに情報セキュリティ基本方針を定め、これを実践し、継続的に改善、向上に努めることを宣言します。

目的

本情報セキュリティ基本方針は、社内外の故意または偶然による全ての脅威からお客様並びに会社の情報資産を保護し、 安定した事業活動を継続することを目的として、情報セキュリティマネジメントシステムを構築、運営するための 基本方針として定めます。

基本方針

1.情報セキュリティ管理体制

情報セキュリティの全般的な責任を担う全社情報管理責任者を置く。全社情報管理責任者は、情報セキュリティ管理体制を構築し、 運営する責任をもつ。

2.情報セキュリティマネジメントシステムの構築

会社の情報資産を洗い出し、各資産に発生し得るリスクを分析・評価し、機密性、完全性および可用性に対する脅威から情報資産を適切に保護するための、組織的、人的、物理的および技術的な情報セキュリティ対策を講じ、継続的に実施、改善していく。

3.法令・規範の遵守

情報セキュリティ対策実施の際は、関連する法令およびその他の規範を遵守する。また、情報セキュリティ管理規則策定にあたっては、これらの法令およびその他の規範に適合させる。

4.教育・訓練および周知・徹底

当社役職員に対し、情報セキュリティに関する定期的な教育・訓練を行い、情報セキュリティの重要性、適切な取り扱いおよび管理に関し周知・徹底を図る。

5.事故発生予防と発生時の対応

当社役職員は、情報セキュリティ事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、発見者は速やかに全社情報管理責任者にその内容を報告し、必要に応じて緊急措置を講じる。これら情報セキュリティ事故については、その事故原因を分析し再発防止策を講じていく。

6.事業継続性管理

偶発する災害・事故・過失および意図的に発生する情報資産の逸失・悪用などによる事業の中断を可能な限り抑え、会社の事業の継続を確保する。

適用範囲

すべての役職員に適用する。

見直し

情報セキュリティマネジメントシステムを正しくかつ確実に運営するために、定期的な見直しおよび遵守状況に関する監査を行う。

違反に対する措置

本ポリシーに違反した場合には、就業規則、契約書に従って、処分の対象となることがある。会社の情報資産を脅かす重大な違反があった場合は、同様に処分または法的措置が講じられることがある。

2016年1月12日
株式会社翻訳センター
代表取締役社長 東 郁男

このページの先頭へ