スペイン語

翻訳言語

概要

スペイン

インド・ヨーロッパ語族でイタリア語やフランス語と同様にロマンス語派に属しています。8世紀頃からイスラム教徒の支配下にあったことから、主にアラビア語の影響を受けています。名詞に男性名詞・女性名詞があり、形容詞や冠詞は名詞に合わせて変化するなどフランス語やイタリア語、ポルトガル語などと共通点があります。母語としている国はスペインとラテンアメリカの国々など世界で21か国と言われており、話者は約4億人、第二外国語として使用している人々を含めると約5億人とも言われています。イギリス英語とアメリカ英語のように、スペイン語とラテンアメリカのスペイン語には単語や発音で多少の違いがあります。

特徴

日本の自動車産業のメキシコ進出が加速していることから、スペイン語の需要も高まっています。主なお客様は日本企業で、就業規則などの社内資料や製品仕様書などの案件が増えています。
こうした需要を反映して、弊社は、英語をはじめ各言語の翻訳の品質を高めるために、基幹業務統合システム「SOLA」を導入し、ご依頼条件に最も適した翻訳者を選定しています。また、現地ベンダーとのネットワーク強化に努めています。

各種ご相談窓口

料金・納期の質問から専門的な相談まで、お気軽にどうぞ

お問い合わせ
無料見積もり依頼
このページの先頭へ