サービス内容

取り扱い文書

コーポレート

経営企画・事業戦略 経営会議資料、議事録、中期経営計画
IR・経理財務 決算短信、有価証券報告書、決算説明会資料、事業報告書、株主通信
広報・マーケティング プレスリリース、会社案内・商品案内、社内報、新聞・雑誌記事、ウェブサイト、各種広告・案内、あいさつ文、レター
人事・社内教育 人事制度・評価資料、社内研修・教育資料、eラーニング資料、福利厚生資料
企業法務

弊社では多くの上場企業のお客様とお取引させていただいていますが、なかでも管理部門である総務、経営企画・事業戦略、IR・経理財務、広報・マーケティング、人事・社内教育、内部統制・監査機能のお客様から、多数のご相談をお寄せいただいています。企業活動で根幹となるこうした管理機能を「コーポレート」分野と定め、各領域で必須の基礎知識はもちろん、旬なトピックについてもアンテナを高く張り、背景知識の習熟と翻訳レベルの高度化に努めています。

お客様の現場において翻訳の発生するニーズや用途は千差万別。それぞれのビジネスシーンで安心してご利用いただけるよう、専門性を追い求めるだけでなく、柔軟な対応を心がけています。例えばご利用用途やご納期をお伺いして、目指すべき文体のニュアンスに知恵を絞ったり、短い納期を実現するノウハウを結集してご提案しています。

コーポレート分野の特色

管理部門のニーズのなかでも、特に弊社の強みを生かせる案件を一例としてご紹介します。

  • 経営企画・事業戦略:外国人役員を選任していたり、外国籍企業と提携関係を有する場合、経営会議の資料を翻訳するニーズが発生します。原稿作成の時間も翻訳に割り当てられる時間も限られ、超短納期案件となる傾向がありますが、弊社ではそうした案件の実績を多数有しています。詳しくは事例紹介01をご参照ください。
  • IR・経理財務:財務文書で万一数値に誤りがあると致命的です。金融・法務営業部では、独自開発のマクロを社内の品質管理スタッフ全員の作業環境に導入し、数値情報を機械的に検出しています。機械に任せられる部分は極力自動化し、目視でないと品質管理できない部分に注力。詳しくは事例紹介03をご参照ください。
  • 広報・マーケティング:原文に忠実で素直な翻訳スタイルから、読者を訴求するクリエイティブなコピーライティングまで。案件の想定読者と用途をお伺いして、付加価値の高い広報・マーケティングのアプローチもご提案しています。詳しくはスタッフ紹介をご参照ください。