中期経営計画

経営ビジョン

先の中期経営計画で定めた経営ビジョン「すべての企業を世界につなぐ 言葉のコンシェルジュ」はそのままに、顧客ニーズの多様化と高度化に対応すべく、課題解決型の高付加価値企業となることを目指してまいります。

ビジョンを実現するための基本方針

当社グループは、日本を代表する言語サービスのコンサルティング企業を目指し、最新のテクノロジーを活用したソリューションビジネスへの転換を図り、
翻訳事業の高付加価値化を実現いたします。

重点施策

1.ソリューション営業力の強化
  • 専門特化サービスの集合体としての強み・価値の訴求
  • 各種ツール・ソフトウェアを活用した翻訳業務の効率化の提案

企業のグローバル展開が加速する環境において、お客様によりご満足いただけるサービスを提供するため、専門特化サービスの集合体としての強み・価値を
訴求しながら、各種ツール・ソフトウェアを活用した翻訳業務の効率化を提案し、お客様の言語資産管理をサポートしてまいります。

2.言語資産の活用
  • 中長期的な競争力を支える言語資産の蓄積と運用のための環境整備
  • 翻訳作業工程のIT化による品質の安定と生産効率の向上

訳文の品質安定と生産効率の向上を図るため、翻訳支援ツールや機械翻訳を積極的に活用し、過去の訳文等を言語資産として効果的に運用できる環境を整備してまいります。

3.経営基盤の強化
  • 環境の変化に対応するための人材育成と組織機構の最適化
  • 業務プロセスの標準化と自動化による効率化

ツール・ソフトウェアを効果的に活用するため、人材の育成と組織機構の最適化を推し進めてまいります。また、ICTを活用しながら業務プロセスの標準化と
自動化を推し進め、引き続き社内業務の効率化に取り組んでまいります。